リフォーム・増改築

今住んでいる家をさらに快適に 

HOME | 施工事例 | リフォーム | リフォーム:三条市T邸

 

断熱改修・水回りフルリフォーム

三条市 T様邸

【内観】
キッチン・トイレ・浴室すべての水回りをリフォームしました。
「ゾーン断熱」と呼ばれるリフォーム部分は断熱・気密処理を行うリフォーム方法です。既存の建物が新築より凹凸などがある為、気密処理が大変な工事です。

【内観】
リフォーム前の写真が少ない上、スマートフォンでの撮影が中心です。ご了承ください。

 

【リフォーム前】
撮影時、まだ片付け前の様子です。約築35年で新潟特有の農家住宅です。各部屋は8帖くらいの部屋で区切られており、各部屋に暖房器具を設置しないととても寒い住宅でした。

 

【リフォーム中】
解体途中です。土壁が中心の伝統的な造りです。当然ですが断熱材も入っておらず、解体中も外が見えるくらいの隙間だらけの家でした。ただ、腕の良い大工さんだったらしく、造作材は非常に高レベルな出来でした。
【解体中】
ゾーン断熱は断熱したい部屋毎に断熱材を入れる方法です。骨組みの状態まで解体します。タイルの浴室は解体すると100%シロアリの被害が有り、写真の通りに柱の交換、防蟻処理が必要になります。

 

【床下の気密処理】
根太と呼ばれる床下地の骨組みの施工です。根太工法は一番気密処理が難しい後方なので、ここをしっかりしないといけません。黄緑色の気密シートを先に貼り付けることで床下と壁の中の通気を無くすことが出来ます。一番手間がかかりますが、一番丁寧にしないといけない部分です。
【リフォーム後】
断熱材を部屋ごとの壁に入れ、気密シートによる気密処理により外気からの隙間もなくなったお陰で、エアコン1台で約22帖分のLDK+廊下6帖を暖房出来る断熱性能になります。

 

【リフォーム後】
LDKと洗面所、脱衣室、トイレまでの空間を一つにしたことで、冬に起きやすい部屋間の温度差に夜ヒートショックを防ぐことが出来ます。今までと違いLDKを一つにしたお陰で北側だったキッチンが驚くほど明るくなりました。


社長・専務挨拶

LinkIcon


各種募集事項

LinkIcon


ブログ

LinkIcon調整中


FAQ

LinkIcon


お問い合わせ

LinkIcon