伝統建築

大工技術が必要な伝統建築

HOME | 施工事例 | 伝統建築 | 伝統建築:長岡N邸

 

セイガイ造りの純和風住宅

長岡市 N様邸

【外観】
農家などで伝統的な「セイガイ造り」です。特徴として屋根の軒の出を深くする為、大きな梁とせり出した桁が大きな屋根を支えています。

【外観】
妻側の白壁はすべて漆喰仕上げです。すべて無節の杉無垢板で貼られた「雨板張り」の外壁が美しく仕上がっています。屋根瓦も新潟の気候に合っている「安田瓦」です。

【外観】
屋根の厚みがあるのは屋根を支える垂木が2重に重なってるからです。雪の重みにも耐え、実用的にも美観的にも良くなっています。

【内観風景】
純和風建築らしく、全て天然木を使用した内観になっています。中には貴重な「屋久杉」を使った天井板や建具の一部を使用しています。


社長・専務挨拶

LinkIcon


各種募集事項

LinkIcon


ブログ

LinkIcon調整中


FAQ

LinkIcon


お問い合わせ

LinkIcon